スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイテム。

この前チラっと書いた、入手アイテムがこれ。

05


ストレートのマッチドショットキーダイオードです。
ハイトルクタイプとハイレブタイプがありますが、これはハイトルクタイプです。

レイダウンに搭載してみましたが、これ効きますよ。( ̄ー ̄)
フライホイール効果が高いという話でしたが、実際付けて走行したら、
マジでスタンドアップみたいでした。ぼくみたいなニブいのがハッキリ
わかるくらいなんで(笑)。

コーナーで転がすことが出来るんで、燃費も良くなると思います。
ゴブリン号で試しましたが、GP3300+レイダウンで8分走り切れたので
燃費が苦しい人にもお勧めですね。
スポンサーサイト

ラジ天名古屋その2

土曜日にまたまたラジ天名古屋におじゃましてきました。

メンバーは
02

この人。ゴブリン君。怖い顔してます。

そして
03

この人。M上さん。

それから
04

この人。塚P君。寝不足で終始テンション低め(笑)。

そして



















09


この人。
どうもノイズが乗ってたみたいでこの人だけこんな写真が撮れました(嘘)。



06

塚Pが叩き割ったFカップジョイント。カットモデルみたいになってます(笑)。


さて、クルマの方はまぁまぁ動きは悪くなかったと思うんですが・・・。


07

閉店間際の走行前。手の動きが速すぎて映像がブレています(笑)。

電源

こんなの買いました。
vx_1


ストレートのバーテックスローノイズパワーサプライです。

今まではストレートの150Wパワーサプライ+メイン充電器&アルインコの
35A電源+サブ充電器+モーターマスター+タイヤウォーマー+etc・・
だったんですが、充電器を安定した電源につなぎたかったので、新たに
購入しました。

vx_2


サイズは今までの150Wより少し大きめ。

vx_3


長手方向も若干大きくなっています。



これでバーテックス+メイン&サブ充電器+タイヤウォーマーと、アルインコ+モーターマスター+タイヤセッター+etc・・・に変更出来ます。

普通に動いてしまうんで気づかない人も多いですが、充電器の親電源は
出来るだけ容量にゆとりを持って、モーター系の負荷はつながない方が
良いと思います。親電圧の変動は充電にいい影響を与えないですし、
ノイズが乗るとピーク誤検出したりする場合もあります。
特にタイヤセッターは驚くほど電流が流れるので、出来る限り充電中の
充電器とは電源を分けましょう。

もうひとつアイテム買ったんですが、その話はまた後日。

アメリカン

アメリカンな自転車にまだ心を奪われている。

牛肉も輸入再開することだし、そこまでアメリカまんせーしたいのか。
いや、論点はそこじゃない。自転車がアメリカンな理由が知りたいんだ。

最近、朝の通勤中にそんなアメリカンな自転車を発見した。
ファーストコンタクトの自転車より、両腕のバンザイ度は見劣りする
ものの、どうしてどうして立派なアメリカンだ。
チェーンカバーにファイヤーパターンまで入っている。ドラッグレース
でもするつもりなのか。


自転車でドラッグレース。血管切れそうだな。


このブログのネタに、写真を撮りたいのだが、なかなか良いタイミングで
遭遇してくれない。大体出会う時間帯は絞れてきたが、微妙な誤差で
カメラが間に合わない。
いっそのこと声かけて止めて写真を撮ってやろうかとさえ思う。が、
撮った写真をあらためて見ても「アメリカンだなぁ・・。」と再認識
して終わりな気もする。

バンザイ度が普通なだけに、写真うpしてもネタ的には薄いというのが
自分の積極性を薄めているのだと思う。


しかし今考えてみれば、ファーストコンタクトの自転車もただ単に背の
低い人が乗っていたという可能性も否定できない。
なんでここまで悩む必要があるのか。自分がアメリカに対して否定的で
あったことを再認識。

T君のメンドウサ(笑)。

ども。えーと、

アクセス増え杉。
何を期待してるんですか皆さん。僕はひっそり好きなこと書くんですよ(笑)。

というわけで、T君のメンドウサがドックインしてきました。
my05_01


ちょっと紹介します。
my05_2

my05_3

リアのサスブロックは、70-75ジュラで自作しています。ノーマルが
トーイン2.5度ですが、3度に設定しています。


my05_4

もちろん、1ピースサーボマウントも付けています。

意味無し。

(´-`).。oO(mm ℓ cm t cm t)


(´-`).。oO(㍉ ㍑ ㌢ ㌧ ㌢ ㌧)


(゚∀゚)!.。oO(㍉㍑㌢㌧㌢㌧)



・・・気にしないで下さい(笑)。

ラジ天名古屋

ども。
aniさんとこで紹介してもらったら、とたんにアクセスが増えてビックリです。
aniさんは、良いように書いてくれすぎですんで、皆さんあまり期待
しないように(笑)。


土曜日にラジ天名古屋さんにおじゃましてきました。

目的は、T君のクルマをいじって、そのセット方向を確認するためです。
当日はアドバイザー(笑)のこの人も一緒でした。
ゴブリン

↑この人。

「ブログ用の写真撮るから、なんかネタやって~」とカメラ向けたら、
即座にこのダメポ顔。さすがカメラ慣れしてるね~(笑)。

この日は、速い常連さんのほとんどが谷田部か川場(結局川場は
雨で走れなかったようですが)に行っていたらしく、少し寂しい
状況でしたね。路面も期待していたようには上がらずちょっと残念。

さて、T君のクルマのほうですが、結論から言えばセットの方向性は
間違ってないと思います。が、現時点ではまだまだ課題山積みです。
今度の土曜も行けるようなら行ってこようと思います。

1ピースサーボマウント(ani命名)

また1個作りました。所要時間1時間半。
慣れてきたのでだいぶ早くなってきました(笑)。
wsm


シャーシから出っ張ってる耳(サーボマウント固定用のネジ穴部)を
取るのが目的です。固定用のネジ穴のスパンがノーマルより短く設定
してあるので、シャーシロールを阻害しにくいようになってます。

今回の依頼者は
正解:あやてっく


この人(笑)。

アンドレアスとちゃいますよ。隣の人ね(笑)。

2400

タミヤ世界戦に出場する知り合いからの依頼で今充放電してます。
2400


まずは慣らしをしてこんな感じ。
2400_1


次に「あること」をしてこんな感じ。
2400_2


そのあと違うことをしてこんな具合になります。
2400_3


これで充電方法を変えればもうちょっといけますね(笑)。

GPの充電

ども。

いよいよ忙しくなってきました。来月には、スポマン全日本や
タミヤ世界戦が開催されます。両方の選手にバッテリーを依頼
されているので、今は家の充放電設備はフル稼働状態です(笑)。

現在僕はストレートのレコードブレイカーとフロントライン2を
使って充電していますが、そのへんをちょっと書きたいと思います。
よく2台並べて置いていると「どっちがイイの?」と聞かれるのですが、
僕の個人的な意見としては、「レースではレコブレ、練習はフロントライン2」
と答えています。
レコブレは、3ステージ充電やピークロックを世に広めた充電器ですが、
もちろん今でもバリバリ現役で通用します。
フロントライン2は、4ED(細かい内容はよくわかんないです^^;)採用の
充電器ですね。
一番の違いは、エネルギーの入れ方だと僕は思います。フロントライン2
は実に賢い充電器で、充電中に表示パネルをずっと見ていると、
こまめに電流が変化してたりします。電池の状態を逐一監視して、
最適な電流を流しているらしいんですが、実際くたびれてきた電池を
充電すると驚くほどパワーが戻っていたりします。
対するレコブレは、ユーザーのミスで電池が破裂してしまう事からも
わかるように、設定された通りに忠実に充電します。

経験上、GP系の電池は充電の仕方で放電特性が大きく変わります。恐らく
皆さんにも経験があるかと思いますが、充電スタートを忘れて通常より
大きな電流値で充電を間に合わせて、走り出してみるとすごくパワーが
出ることがあります。これがそうです。
そういうことから、(言葉は悪いですが)ある程度強引な充電をしてやる
方が電池の力は発揮されると思います。
ですので、電池を痛めたくない練習時にはフロントライン2を、パワー
最優先のレース時にはレコブレを使っています。


さて、上記2台の充電器を使っておられる皆さんは一度はストレートの
推奨設定を目にされているかと思います。中にはあの設定で不思議に
思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特にレコブレでたまに質問されるのですが、

2nd:3520-0.2A

この部分ですね。もちろんストレートのHPに説明があるので、そちらを
見てもらっても良いんですが、人づてで設定を聞いた人なんかは、結構
理由を知らずに使っている事も多いようです。

先程の話の中で出ましたが、GP系は大きめの電流で充電したほうが
パワーが出ます。しかし、その大きな電流のままピークまで行くと
ピークを超えてから深く充電してしまうことになるし、電池の発熱も
大きなものとなってしまいます。
そこで、
1、大きな電流で充電するステージ
2、電池を休ませて、温度を下げるステージ
3、適正な電流でピークを出して電池を仕上げるステージ
という風に分けてやることで、パンチを出しつつ適度な熱に抑えるわけです。
フロントライン2では、ステージ2と3の間に休ませる時間を別で
設定出来るので良いのですが、レコブレはそれが無いので、2ndステージを
微弱電流にすることでその時間を稼いでいるわけですね。


レースなどで、早く電池が上がりすぎてレース直前に追い充電している
方もよく見かけますが、僕の経験上追い充電で電池の温度を上げても
最初のピーク時の電圧は帰ってきません。基本はピークが出たらすぐ
使うのが良い訳です。

逆に言えば、ピークが出る前なら何とかなるということです。
なので、充電している最中に仕上がりが早すぎることがわかった場合は
1ステージ2ステージ充電中なら、2ステージで一旦充電を中止して
タオルなどで電池を包んで保温しておきます。そして、頃合いを
見計らって3ステージの充電を再開するわけです。もちろん、一時停止
という機能はありませんので、別のプログラム番号に、3ステージ目
のみの設定をあらかじめ入れておく必要があります。

具体的には

プログラム1
1st:3500-6A
2nd:3520-0.2A  ←中断するならこのステージ
3rd:5000-4A

プログラム2
1st:300-4A  ←一旦中断しているので、誤検出防止用のピークロック
2nd:0-0A
3rd:2000-4A

プログラム1で充電している最中に中断した場合は、再充電はプログラム2
で充電開始します。

充電再開時は、保温用のタオルなどを必ず取って充電することをお忘れなく。

さて、この充電方法ですが、電池によって自分で微調整すると良いと
思います。
古めの電池などは、先に温度センサーで温度カットされてしまう場合も
ありますので、そういう場合は1stの電流値を下げるか、2ndの3520を
若干増やす(休憩を長めに取る)と仕上がるようになります。
1stであまり温度を上げてしまうのも考えものですので、電流値を下げる
方が良いと思います。


ちなみに、3ステージ式の充電器なら、近い設定は作れると思うので、
興味ある方は是非試してみてください。

日曜は

チャンプさんの月例レースに参加してきました。
まぁ、僕自身はいつも通り撃沈でしたが、F-Hテストドライバー(笑)の
T君がイイ走りを見せてくれました。
今回、T君の決勝で新型サンヨーを投入しました(電圧タイプ)。
モーターはレイダウントルクを使用しました。充電設定は、↓の日記に
ある設定(フロントライン2使用)です。

序盤~中盤にかけてはかなり速かったです。が、終盤には電圧ドロップ
+モーターの熱ダレでかなりモケってましたね。
基本的には旧タイプと同じく内部抵抗が高いので、立ち上がりがやや
タルめのように思います。スタンドアップだと、GPやインテレに比べて
かなりマイルドになってしまうでしょうね。もちろん、電圧が上がって
いる分、旧タイプよりはパワフルですし伸びもありますが。
どうしても電圧が高いとモーターの発熱が大きくなりますから、終盤の
熱ダレは今後の課題でしょうかね。これはサンヨーに限らず、他の
最近の電池全般に言えることですが・・・。

クルマの方も最近T君と色々やってますが、ようやく進む方向が見えて
きた気がします。今度の週末はラジ天名古屋へおじゃまして、その
方向性を確かめたいと思っています^^

サンヨー3600

相変わらず充放電してます。

電圧タイプを主にやってますが、今の時点でわかることは

・電圧が高い
放電カーブはGPっぽいですね。以前のサンヨーは放電直後に
ガクッと電圧が落ちて、その後フラットな放電カーブを描いて
なだらかに落ちていきましたが、今回のはある程度初期で電圧を
保ちつつ、中盤につながります。特筆すべきは中盤の電圧の
高さですね。

・内部抵抗は従来と大差無い
1回目の放電では、従来サンヨーとあまり大差無いですね。
ただ、2回目以降の充放電で下がると言う話も聞いているので
この件は現時点では初回に限り、としておきます。

形状、重量が変わっていないことから、恐らく材料の成分を改良して
充放電の効率を上げているんではないかと思います。
サンヨーの泣き所であった過放電に弱い、熱に弱い点は今のところ
まだ何とも言えないですね。これをテストしようとすると、貴重な
セルを壊してしまうことにもなりかねないので、もう少し放電データ
を採ってから試してみます。

充電ですが、僕はレコブレ、フロントライン2を使用していますが
レコブレなら3ステージで
1st3500-5Aリニア 2nd3520-0.2Aリニア 3rd5000-4Aリニア
ピーク24mV 温度カット52度

フロントライン2なら
1st3500-5Aリニア 2nd OFF インターバル5:00 3rd5000-4Aリニア
ピーク24mV 温度カット52度

ぐらいで良いかと思います。現時点では仕上がり温度はやや低めに
なっています。内部抵抗が若干高いので、走行中に電池温度が
上がりやすいと思われますので、GP系よりやや低めに仕上げるのが
ベターだと思いますね。

無題

先日の雑談でアメリカンな自転車の謎について書いた。
色々考えてみたが、すべては謎のままだ。

良い、すべてはそれで良い。

昔、僕が小学生の頃にもチョッパーハンドルの自転車は存在した。
でも、さすがに今のアメリカンバイクみたいにバンザイするタイプじゃ
無かった。
僕らが子供の頃は、スーパーカー人気がまだ続いていて(というか
ジャストミートとも言う)、自転車にもその波は押し寄せてきた。

なんとライトがリトラクタブルの自転車が登場し、TVでもガンガンCMを
流し、当時のヤングのピュアなハートを鷲掴みにしたのだ。
しかもリトラ機構が電動。もうどうにでもしてくれ状態だ。
当然、皆がこぞってそのスーパーチャリを購入した。今の子供のように
夜遊びバッチコイな時代じゃなく、ライトを使うことなど年に数回しか
訪れない子供たちは、昼間に意味も無くリトラを上げ下げしつつその
スーパーチャリで爆走していた。

もちろん、僕も欲しくてたまらなかった。しかし、何のイベントも
発生していないタイミングで「自転車を買え」などと言うことは、
その頃の僕にはタブーであった。
そして待ちに待った誕生日に、満を持して僕は親に自転車をねだった。

そのころ乗っていた自転車は相当ガタが来ており、その要求は驚くほど
すんなりと受理された。僕は飛び上がって喜び、親と一緒に自転車屋へ
向かった。
誕生日のカウントダウンを始めた頃から、僕は自分が買うであろう
自転車の名前を何度も何度も練習した。うっかり言い間違えて、違う
自転車が来ては大変だ。僕が欲しいのはリトラクタブルライト搭載の
スーパーチャリなのだ。他の自転車には用は無い。

そしてその練習の成果を発揮するときが来た。僕は店員さんにハッキリ
とした大きな声で「○○○○○○下さい!」と告げた。
しかし、その店員の口から発せられた言葉は僕を大いに驚愕させた。

売り切れです。

僕はそれまで10年弱生きてきて、一番ガッカリした。よりによって
売り切れとは。ああ神様は非情だ。

しかし!

その店員の後ろにあるモノを見つけた僕の目は鷹の様な眼光を放った!
「新製品」と張り紙された、
リトラクタブルライト搭載の自転車だった。
僕の目から発するレーザーに気づいた店員が笑顔でこういった。

「ああ、これ今日入荷したんですよ。」
新製品。嗚呼、なんとイイ響きだろう。まだ全世界でこのマシンの
存在を知っているのは、僕とこの100万$の笑顔を持つ店員だけだ。
(注:そんな事はありません)
僕は新宿歌舞伎町のヘルスで数ある写真の中から2秒で矢口似を指名した
時のように即決した。(注:実話です)
ブツさえ手に入ればこんなチンケな店に用は無い。2バーツのしけた
笑顔を浮かべた店員の説明など軽くいなし、僕は店を後にした。

さて、何はなくともリトラだ。これさえ付いていれば、ママチャリで
あろうが三輪車であろうがスーパーマシンに変身する。
ましてやコイツは新車なのだ。リトラを搭載するために生まれてきた、
そういう宿命のマシンなのだ。リトラを動かさずして他に何をすると
言うのだ?
さて、まずは電池を入れなければ。いくら科学万能の時代とは言え、
電池が無くては始まらない。僕はそういうところは抜かり無いんだよ。
キチンと電池の形式を調べてから買わないと、うっかり違う電池を
買ってしまうと大変なことになる。説明書で調べて・・・・・と。
ん?書いてないぞ?不親切な説明書だなぁ。とりあえず現物で調べよう。
・・・あれ?電池ボックスは?どこに付いてるの?
・・・・・・。
・・・。
・・?




背中に冷や水を浴びせられたようなすさまじい悪寒に襲われ、ヘンな
汗がワキの下をしたたり落ちる感覚を覚えながら、僕は恐る恐る、
リトラの開閉レバーをゆっくり押し下げた。
そこで僕は見たものは、
自分の指の動きにピッタリシンクロしながら、ゆっくりと開くライトだった。





その後の事はあまり良く覚えていない。

謎を解こうとすると、うっかり自分の封印した記憶までその封印を
解きかねないということが身をもってわかった。

今では反省している。


SANYO放電データその1

早速放電データを採ってみました。SANYOは充放電1回目なんで、
もっと伸びる可能性があるかもしれません。
グラフ01

紫がSANYO3600(電圧タイプ)、黄色がGP3700です。
GPのほうは、練習用に使うレベルのものです。
充電はレコブレを使いました。設定は
SANYO:1st3500-5A 2nd3510-0.2A 3rd5000-4.5A8mV
GP:1ST3500-5.5A 2nd3510-0.2A 3rd5000-4.5A8mV
としています。

SANYOはまだ手探りの状態なので、これがベストとはいえませんね。
仕上がり温度もやや低めでしたし。
GPも設定は正直ヌルいです。もっと追い込めばデータは上がると思いますが・・・。

明らかに中盤の電圧が高いですね。容量的にこの数値は物足りませんが、
1回目の放電であること、充電方法が未確立ということを踏まえれば
十分な数値だと思います。
しばらくは色々試していきたいと思います。

SANYO3600

かねてから噂のあったサンヨー3600の新型が出ましたね。

早速何パックか購入してきました。
sanyo3600_1


シュリンクは前のと同じですね。

今回のは電圧タイプと容量タイプに分かれてます。
sanyo3600_2

23Tは電圧、モデは容量ってことですかね。

今回のは以前のとは別物という話を耳にしていたので楽しみですね。

無題

アメリカンバイクというバイクの種類がある。

もちろん、その種類の中でも細かくタイプは分かれるんだろうが、
僕の言ってるアメリカンバイクは、ハンドルが高いヤツだ。
たまに走ってるのを見かけるが、ライダーの姿勢だけを見ると
バンザイしているようにしか見えないアレである。
人の好みはそれぞれなんで、批判する気などサラサラ無いが、
いつも「疲れないのかなぁ」といらぬお世話な事を考えてしまう。

そんな事を考えてしまう僕がこの前会社帰りの信号待ちをしている
時に目の前を通りすぎて行ったアメリカンタイプ。



ちょっと待って、今のは自転車じゃなかったか?

そういえばヘルメットもかぶってなかった。
足も回転運動していた。
でも、両手はこれでもかと言うぐらいバンザイの姿勢だった。
自由の象徴とも言うべきアメリカンな自転車。なのにその姿勢が
不自由に思えるのは僕だけだろうか。そもそもそんな自転車が
売っているのだろうか。謎は深まっていくばかりだ。

電池の保管

ども。

最近また電池の選択肢が増えてきましたね。
23Tなんかで使う場合には、以前ほど容量を気にしなくても
(8分余裕でもつ)いい様になってきたので、放電特性を
重視する傾向になってます。

僕自身は、好んでGP3300や3700を使っています。
GP系のメリットは「管理が楽」というのが一番大きいと
思いますね。
現在は、走行後に20A/6.0Vまでフォートレスで放電した後、カット
機能付きの単セル放電器で放電したあと保管しています。
使う時は、カット無しの単セル放電器で1時間程度放電し、放電器
から降ろして電圧がある程度回復するのを待ったあと、充電してます。

こう書くと面倒な様に思いますが、インテレクト系やサンヨー系に
比べればはるかに管理は楽だと思います。
問題になるのは長期保存の時です。
長期に渡って使わない場合でも、サンヨーやインテレはある程度
充放電(目安的には1~2週間に1度)したほうが良く、それをしない
場合は自己放電で過放電にならない様に容量の何割か充電して保存
しないと本来の性能を損なうことになりかねません。

せっかく高いお金を出したマッチド。練習で使うのはもったいない気が
してここ一番の時用に温存していたら過放電であぼーんなんてことも
あるようです。
GPの場合は(あくまで僕の経験上ですが)、過放電すると電池の性格が
変わったりはしますが、(いわゆる「載せっぱなし放電」ですね)
使えないほど劣化するとは思いません。
載せっぱなし放電を実施すると、放電時間は減りますが電圧が上がります。走行時間に余裕があってパンチが欲しい場合には試す価値は十分に
あると思います。
ただし、載せっぱなし管理から、元の定電圧管理に戻しても変化した
電池の特性は戻らないと思いますので、一旦載せっぱなし管理を行った
電池は定電圧管理に戻さないほうがいいでしょう。

長い間、何もせず放置したGPも自己放電が進み載せっぱなし放電で保管
しているのと同じ状態になりますので、容量重視の人は過放電に注意
する必要があります。


これも僕のイメージですが、GP系は「育つ」感じがあります。きちんと
管理した状態で、周期的に使用していると使い始め当初より電圧、容量
とも上昇することがよくあります。結果として感覚的にオイシイところが
長くあるのも、GPを好んで使う理由です。


まぁ、僕の腕じゃインテレの爆発的な初期パワーは使いこなせないのが
一番大きな理由ですがorz

離陸しまくり♪

え~、いきなりRC以外のネタです(笑)。
今日は仕事帰りにT店へ。いつもながらガラガラの店やね(笑)。

まずはネオプラ999から。
4k入れてウンともスンとも言わずに投げ。

続いて育ち。前日メール告知で高設定だった台へ。
朝から100チョイ回しただけで放置されてました。
9k入れたところで遅れからキュイン♪これがBIG。

いきなり離陸しましたが?

設定変更したら通常Aからスタートなので、5分の1以上の確率で離陸
するんやけど・・・。設定変更されてるんかな?
これがBBBBの4連。1Gヤメしようかとも思ったけど、まだ時間あるし、この店は
持ちコインで移動出来ないんで続行。

300Gちょっとでキュイン。

また離陸しましたが?

しかしBBの2連で終了 orz

まだ時間あるし。もうちょい続行・・・。
ここから200G以内でBBBBの4練炭。そして50GほどでキュインR。

これが離陸して、RRBBBBRの7連。初めて南国BGM聞いた♪


まだじかn(ry

初当たりの確率は200分の1以下だけど、連が続くんで6はありえない。
多分4か5の据え置きでしょ。

しかし、ここで600オーバーのハマリ。600G遅れナシから遅れキュイン。
ん~、これはさすがに・・・・

また離陸したよ
これがBRBBで4連。ここで時間切れ。

クレジット分だけ打ってヤメ。流すと3500枚オーバーでした。




今日の戦果:415が買えるぐらい勝ち


スロ打たない人にはわけわからん日記ですな(^^;




初めまして!

初めまして、Factory Hと申します。
関西でラジコンやってます。主に電動ツーリングをやってますが、
僕自身は下手の横好きってやつです(^^;

昔からクルマの改造や電池、モーターなどのパワーソースを
いじるのが好きで、今も個人でマッチドとか作っています。
メーカーさんの作るマッチドにはかないませんが、個人で
どれくらい出来るか色々試したりしています。まぁ、自己満足の
世界なんで楽しんでやってます。

ここはそんな僕の自己満足の世界をちょっとだけ紹介させてもらうページです。ラジコンのことや、パチンコパチスロのこと、その他雑談みたいな
ことも書いて行きたいと思ってますので、お暇な方はお付き合い頂ければ
幸いです。

PageTop

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。