スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

orz

ども。

今週末はEPツーリングの二次予選があります。
僕は出ないんですが、色々と楽しみな事があるんで見に行こうと
思ってたんですが・・・・。


金・土・日と出張。オレ乙。


こうなったらせめて雨降って延期になりやがれっ!と思ってたら

当初の予報より降水確率大幅ダウンorz



参加される皆さん頑張ってください・・・。


あ、購入したモーターですがテクトロです。
だって他にバランス取り直してるモーターって無いですしね。
まだ軽くしか回してないので、インプレはまた今度。



あと、ブラックメタルオイルのモニターをしていただいてる皆様へ
ご連絡ですが、実は最終バージョンは若干中身が異なります。
送料だけ負担していただければそちらのバージョンに交換いたしますので、
ご希望の方はメールください。


スポンサーサイト

無い!

ども。

手持ちのモーターがだいぶくたびれてきたので、モーターを買おうと
思ってたんですけど、どこのショップにもルナがありませんね。

あってもFY-S1個だけとか(買うときは数個まとめて買うようにしてるので)なんですよね。
最近お気に入りのFA系がホント無いんです。
ルナにも問い合わせしましたが、ルナにも無いそうで・・・。

今年バージョンが出る前兆なのかもしれませんが、納期不明なんて
他の業界じゃちょっと考えられませんね。


そんなわけで、たまには違うモーターを買ってみることにしました。
何を買ったかはまた後日・・・。

釣り

釣り師警報発令中!


釣られないように注意しましょうwwww




kuma















こんなお話ありましたね。

出品

ども。

えー、製品版のブラックメタルオイルですが、とりあえずヤフオクに
出品してます。
IDはfactory_h_shopですので、興味ある方はヨロシクです。


峠レース

ども。

日曜は峠の月例レースにお邪魔してきました。
前回carveさんに完敗だったので、今回こそは・・・と思ったんですが、
今月から指定タイヤが夏用に変わってます。
carveさんのブログで、タイヤがよれるとの情報をGETしてたので
タムさんに「SET教えろやゴルァ」とヤカって聞きました(笑)。

おかげでクルマはまずまずの動き(タムさんありがと!)。

ですが峠マイスター達の壁は高かったorz

予選3番手の決勝4位でした。じわじわと離されていく一番凹むパターンでした。


23Tの方は、なおじゅんにモーター調整頼まれてたので、28周入りした
モーターをレンタル。
さらに前回の練習時に僕が提唱した「モーター冷え冷え大作戦(笑)」を
なおじゅんが実行してたのでそっちの結果も興味ありました。

最近はクーリングファン付きのヒートシンクが発売されていて、装着車も
結構見るようになりましたが、アレのポン付けは効果が微妙なんですよね。

まず、ヒートシンクが要らない。
モーターのヒートシンクに関しては去年塚P達と色々試しましたが、
効果的な形状+熱伝導をあげる一手間を加えても効果はイマイチ。

加えてファン。
あの小さなサイズを受信機電源で回したところでそんなそよ風じゃ焼け石に
水なんですよね。あの位置じゃモーターから遠いし。

なので、ファンをパワーアップして、エンドベル内に風が吹き込む位置へ移動、
なおかつ動力用バッテリーから直接取ったほうがイイと話したんですが、
さすがに仕事が早いですなw

元々の風量からすればそうとうなパワーアップです。
動力用から直接取ったら電圧下がるんじゃ?って思う人もいると思いますけど、

その通りです(笑)。

ただ、外から見てる分には初期のパワーダウンはさほど感じられませんでしたし、それよりも後半の熱ダレの方が重要です。


23TAメイン決勝は序盤から関西最速女子高生がトップをキープ、なおじゅんが
2番手にピッタリつける展開。残り1分を切ったところでトップに立つも、
緊張の糸が切れたのかミスってゴロン。
残念ながら2着でした。


熱対策もまだツメる余地はあるので、イイ結果が出ればまた紹介したいと
思います。

完成!

ども。

え~、何度かココで紹介したメタルオイルですが、ついに完成しました。


ブラックメタルオイル


その名もブラックメタルオイルです。





見たままですが何か?(笑)


走行中のモーターのメタルは、高温、高負荷にさらされます。
このオイルは、150℃以上の環境でも潤滑機能を失わない耐温度特性に
優れたベースオイルに、極圧下で優れた潤滑特性を示す二硫化モリブデンと
有機モリブデンを高濃度で配合しています。
今までのオイルに比べ、オイルの「飛び」が少なく、メタルの磨耗を
最小限に抑えてくれます。
一部のワークスドライバーやエキスパートドライバーの方にテストして
頂いていましたが、好評を頂いています。

ラジコン天国泉大津店さんのご好意で、少量ですが商品として置かせていただいています。
興味のある方はどうぞよろしくお願いします。

明日は峠のレースに行ってきます。
何個か持って行きますので、ご入用の方は気軽に声をかけてくださいね♪

成分

ども。

さっきたかあし君のブログ見てたら、成分分析やってました。

相変わらずエエツッコミしますな~たかあし君( ̄ー ̄)

僕もやってみようっと。


ヒロユキの58%は真空で出来ています
ヒロユキの20%は利益で出来ています
ヒロユキの9%はマイナスイオンで出来ています
ヒロユキの8%は言葉で出来ています
ヒロユキの5%は成功の鍵で出来ています

真空て何やねんなorz


GP4300の54%は明太子で出来ています
GP4300の36%は株で出来ています
GP4300の6%はミスリルで出来ています
GP4300の2%はお菓子で出来ています
GP4300の2%は理論で出来ています

理論2%じゃ他メーカーに勝てるわけないです。エエ。



IB4200の55%は汗と涙(化 合物)で出来ています
IB4200の27%は鍛錬で出来ています
IB4200の8%は気の迷いで出来ています
IB4200の6%は成功の鍵で出来ています
IB4200の4%は言葉で出来ています

苦労が伺えますな~。















FM4300の67%は嘘で出来ています
FM4300の20%は雪の結晶で出来ています
FM4300の9%は気の迷いで出来ています
FM4300の3%は心の壁で出来ています
FM4300の1%は理論で出来ています



















嘘なんかいっ!


峠再び

ども。

GW終わってしまいましたね。ごっついブルー入ってます。
結局、なんやかんやとラジコンメインなGWでした。まぁ、GW突入前~
GW前半に胃潰瘍になるくらいパチで負けたってこともありますけど(笑)。

で、5日にまた峠に行ってきました。
前回の峠の帰りになおじゅんが「絶対28周入れたる!だからモーター見てね(はぁと)」と
ご指名頂いたからです。
この連休中に峠のレコードはエライ勢いで伸びてます。この前も塚Pがもう少しで28周というところまで来てました。そのときも僕のモーターを
使ってくれていたんですが、気になるところもあったので二つ返事で引き受けました。

まずは前回使わなかったレイダウンから。
普通に組み上げて、パワーのレベルを見ます。
立ち上がりはまずまずですが、伸びがイマイチかな?走行後のなおじゅんの
感想もほぼ予想通りですが、やはりブレーキが強くて走らせにくいとのこと。

今度はブレーキを弱めて少し伸びを重視した調整をします。
が、やはりブレーキを弱めるとレイダウンの爆発的な加速はスポイル
されてしまいます。加速感が弱いと、余計にアクセルを開けないといけなく
なってしまうので、結果として発熱が大きくなり5分過ぎあたりから熱ダレで
動きが鈍くなってきます。

もっと時間をかけてキッチリやればある程度は改善されますが、どうしても
レイダウンはコンディション維持に神経を使いますので、コレ以降は
スタンドアップで詰めていくことにします。

手持ちのルナのヨコモベース2つを大体のイメージで調整します。
今日の峠も路面が良く、結構重くなってきているのでトルクを無くさないように
注意しながら微調整していきます。
走行時のフィーリングを聞きながら、走行後のモーター温度をチェック
します。
今の時点で温度が高いと、タイムアタック時の本番バッテリーでは電圧が
高いために熱ダレが早く来てしまうので、少し控えたレベルにしておきます。

そして夕方のゴールデンタイム到来。
今までに得たイメージとデータでルナのアトラスベースを調整します。
前回の塚Pアタックで使用したモーターですが、トルク感を損なわないように
熱ダレしにくい調整をします。
結果、ついに28周突入しました。その次のアタックでは、またも記録を
更新する28周14秒のレコード♪熱ダレも、前回よりはマシになっていましたね。


しかし、塚Pにしてもなおじゅんにしても改めて感心したのは電池、モーターの
パワーが上がったら上がった分キッチリタイムを出してくるところ。
もちろん、峠のように大きいコースはパワーで受ける恩恵も大きいですが、
パワーUP=タイムUPとはなりにくいんですよね。
よく、レース用のとっておき電池なんて言葉を耳にしますが、普段扱ったことのない
パワーをレースでいきなり投入して結果を出せる人が果たして何人いるものか・・・?

峠の場合、レースは予選もすべて8分ですから、8分での記録が上がらない
ことには意味がないわけです。
エキスパートの人たちはその辺がちゃんとわかってます。

ですので、とっておきの電池も普段から使って練習したほうがいいと
僕は思います。
僕自身は電池の恩恵を受けられない人ですので、そんな僕が言っても
説得力無いかもしれませんがね(笑)。



ども。

GW真っ只中ですね。もう休み明けに思いをはせてブルー気味ですが何か?w

さて、土日はラジってきました。土曜はイチバンでまったりとサイクロンを
走らせていました。気の合う仲間でのチキチキは楽しいですね。
で、日曜は峠へ行く予定だったのですが、土曜の段階でもうおなか一杯。
ですが約束もあったので行ってきました。さすがに天気のいい峠は気持ちいいです。
ラジよりもバーベQしたい気分でした(笑)。

ノロノロと準備したけど、どうにも気合入らないので一緒のピットの塚Pやなおじゅんのモーターいじってました。

峠は大きなコースですから、パワーが結構いるんですよね。実際、速い人たちは
電池の電圧の高い1周目にベストタイム出しますし。
今まではそういう理由からレイダウンを勧めていましたが、最近はちょっと考えが変わってきています。

僕の最近の峠でのお気に入りは(といっても僕が使うんじゃなくて、「速いモーター貸せ!」
って言われたときに貸すモーターねw)ルナのアトラスベーススタンドアップです。
レイダウンは爆発的なパワーが出るんですが、やっぱりブレーキの強さが
気になります。常にショートする領域を持ってるレイダウンは、アクセル全開からパーシャル域に緩める時にもトリガーの動きにリニアに反応
します。もちろんシビアなスロットルワークが出来るのなら何も問題は
無いかもしれませんが、「転がして走る」ことがしにくいです。

実際、レイダウンの方が速いラップが出る確率は高いですが、ラップを
そろえるのはスタンドアップの方が楽そうです。
それに、あまりに鋭すぎるパワーの立ち上がりは実際の立ち上がり加速に
結びつきにくいこともあります。タイヤが空転すると余計に立ち上がりが
遅くなってしまいますからね。


まぁ、そんなわけで手持ちのとっておきのルナアトラススタンドアップを
塚Pとなおじゅんにレンタルしてタイムアタックしてもらいました。
塚Pはジモティの貫禄で27周8分0秒と、もう少しで前人未到の28周に突入する
レコード(実際には1コケで2秒ロスってますww)タイムを、なおじゅんも
27周8分5秒の好タイムを記録してくれました。

電池は両方ともIB4200でした。
やっぱこの電池スゴイですね。3800とは別物です。
しかし、あまりに電圧高すぎてモーターが辛いです。終盤はモーターが
熱ダレしてました。これからの季節は熱との闘いになりそうですね。


PageTop

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。