スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターの話その2

さて、前回のモーターの話でブラシとコミュの接触を
良い状態にするのが大事と書きました。

で、具体的にはどうすればいいのでしょう。

ブラシとコミュ

上はコミュとブラシの接触部分を簡略して書いたものです。
黄色がブラシホルダー、赤がコミュ、黒がブラシです。

普通の状態だと、ブラシとブラシホルダーの間にはスキマがあります。
ブラシは前後に動くだけでなく、回転するコミュに引きずられるように
左右にも動きます。
そのブラシの動きをある程度規制するのがブラシダンパーです。
このブラシダンパーの効きを調整することで、ブラシの暴れを抑える
わけですね。
あと、スプリングの強さ、ブラシの長さも大事な要素です。
スプリングは同じ型番のモーターでも個体差があります。微妙な強さは
スプリングダイノが無いと調べることが出来ませんが、線径を測れば
ある程度の強弱はわかります。使わなくなったモーターでも、それぞれの
部品をばらして置いておけば、個体差を利用して相性の良い部品同士を
組み合わせることでより良いモーターにすることが出来るわけです。

ブラシの長さはブラシの接触圧を左右するだけでなく、ブラシにかかる
力の方向も微妙に変化します。

ケースも熱が加わり、使い込むと磁力が変化します。

新しい時にはそれほどでもなかったモーターが、使い込んでいくうちに
えらく回るモーターになったりするのはこういう色んな要素が微妙に
変化して、すべてが良い具合にマッチしたりするからです。

ここで細かく書かないのは、文字で表現するのには限界があるからです。
色んな要素があることはお話ししました。あとは皆さんが自分の手で
調整して、試して、考えてください。
僕自身もまだまだ勉強中です。どうすればもっと良いモーターになるか
考えてます。思いついたら試して、それでもほとんどは失敗です。
でも、失敗は失敗で経験になります。失敗した原因を考えることが
ノウハウとなります。

もっと詳しい話を期待してた人がもしいたらゴメンナサイ。でも、僕も
自分でベストな調整だと思ってやったことが結果につながらないことも
多いんで(^^;



新製品ですよ♪PageTop僕がフタバに変えたワケ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/142-a597b5d0

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。