スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山レポ②

さて、とりあえずの方向性を探るためにまずはいくつかモーターを作ります。
A)従来の進角固定スタンドアップトルク型
B)レイダウントルク型
C)今回一番テストしたかったタイプ

最後のはまだ秘密ですw

まずはAのモーター。気温が高いのでやや出力を落とした仕様にします。
7A28000rpmで、効率重視のセットです。
コースもストレートは長いんですが、インフィールドで結構減速するポイントが多いので、加速重視のギア比の方が良い結果が得られやすいと思い、若干大きめの5.5:1からスタートです。
外周の高速セクションのタイムを計りつつ、8分でのタイム落ちを見ます。
7分過ぎてもほとんどタイム落ちは見られませんが、加速はやや鈍ってるようにも見えます。走行後のモーター温度は80度。まずまずですね。
僕の経験上、走行終了後に80度程度なら体感でもさほど熱ダレは感じないと思います。路面温度は恐らく50度以上あると思われる中での8分走行ですから、80度なら十分OKな結果です。
走行後コミュの焼けをチェックしますが、こちらもOKです。

これも個人的意見ですが、焼けに関しては赤<赤黒<金の順にヤバくなります。ブラシの触れていない部分が金色に輝いているのは相当危険な状態だと思います。ブラシもかなり焼けているでしょう。


次にCのモーター。こちらも7A28000rpm程度に調整し、走行します。
区間タイムはほぼ同じですが、加速は良いように見えます。走行後の温度も80度でしたし、ドライバーの感想でも、パワーがあるとのこと。

それからBのモーター。9A30000rpmで他の2つに比べて出力が大きいのですが、逆に言えばレイダウンをコレ以下に調整するくらいならスタンドアップを使います。
結果はやはりパワーはあるのですが伸びがイマイチで、後半熱ダレを起こしてしまいます。走行後温度も80度を大きく越えます。
もちろん、ここからギア比やその他を詰めていけばもっと良い結果が得られるかも知れませんが、時間が足りません。なので、Cのモーターを詰めていく方向で決定します。



続く

岡山レポ③PageTop岡山レポ①

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/170-88832f00

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。