スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライン取りについて

ども。昨晩書いた通り、ドライビングについて僕が思う事を書いていきます。
ただ、僕が書くのはあくまでも僕が思う事であり、それが必ずしも正解とは限りません。本当に突き詰めたコーナリング理論とはかけ離れた内容もあるかもしれませんが、あくまでも今よりちょっとレベルアップしたい人に向けて書いてますのでその辺をご理解ください。



まずはラインのお話。


「アウトインアウト」「スローインファーストアウト」


この二つの言葉は大抵の人が一度は耳にしたことあると思います。
コーナリングする上で大事な二つの事ですね。


でも最近になってようやくこの二つの言葉は少しニュアンスが違うことに気づきましたw
皆さん知ってました?

それじゃ一つずつ確認してみましょう。
「アウトインアウト」
もうホントに基本中の基本と言われることですね。コーナーでの車の旋回半径を大きく取るために、コーナー手前をアウト側からアプローチして、クリッピングポイントをかすめ、外に向かって出て行くライン取りのことです。
基本的には、旋回ラインは綺麗な半円で書かれていることがほとんどです。


「スローインファーストアウト」
コーナー進入時にはしっかり減速して、立ち上がりでしっかり加速することですね。


ここで違和感感じた人はいませんか?


「定常円旋回」という言葉を知っていますか?実車の練習でもやることですが、一定の半径の円を描きながらグルグル回るというものです。実際にやってみるとわかりますが、一定の舵角で一定の速度でないと綺麗な円は描けません。

気づきましたか?アウトインアウトを図解している絵は先ほど述べた通り、旋回中は綺麗な半円がほとんどです。半円ということは旋回中は一定の速度を保っているということですね。
それに対してスローインファーストアウトとは、ターンインで速度をしっかり落として旋回し、いち早く立ち上がりの姿勢を取ることでコーナー脱出速度を上げる方法です。

少しイビツな絵ですが、それぞれの言葉に合ったライン取りはこうなります。左がアウトインアウト、右がスローインファーストアウトです。


ライン01


アウトインアウトを半円のラインで図解している場合は、スローインファーストアウトは矛盾するわけです。ただ、スローインファーストアウトのラインも、可能な限り回転半径を大きく取るためにアウト側からアプローチし、出口ではまたアウト側に立ち上がっていますのでそういう意味ではアウトインアウトではあります。

ここで言いたいのはどちらが正しいということではなく、それぞれ意味がきちんとあって、それを理解しないと正しいラインをイメージ出来ないということです。


ここで重要なポイントは

・円を描いている間は一定速度(半径大→小:速度大→小)
・ステアリングを切っている間は車は失速しようとしている
・車はまっすぐ走っているときが一番加減速能力が高い



このポイントを踏まえて二つの言葉をおさらいすると



「アウトインアウト」
コーナー手前の直線部分で回ろうとする半径に適した速度まで減速し、なるべく大きな回転半径でコーナーを一定速度で円軌道で旋回し、直線部分で加速する



「スローインファーストアウト」
コーナーのターンイン時に上記アウトインアウトの場合の速度より大きく減速し、一気に旋回の大部分を終わらせて出口に向けて加速しながらはらんでいく



となります。



文章とラインの絵を見ればわかると思いますが、どちらも一長一短あります。が、スローインファーストアウトは立ち上がり速度を速く出来るので、今のRCカーの能力を考えればこちらのほうが使うことは多いと思います。


と、ここまで読んだ人の中には釈然としない人もいるんではないでしょうか?実は僕はこの内容を知ったあとで疑問に思う事がありました。


その疑問については次回にw






ライン取りその2PageTop難しい・・・

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/196-ff52c757

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。