スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライン取りその2

はい、続きです。


その前に前回の補足を。
初心者向けの記事などに書かれているスローインファーストアウトは「コーナーは減速しないと曲がれないですよ~(はぁと)」的な意味合いで書かれてる場合もあるようです。
この場合は矛盾はしませんねw



さて、疑問についてですが・・・

前回の内容を踏まえて速い人の話を聞いていると、やはり立ち上がり重視の走らせ方の人が多いんですが、実際に見ているとライン的には普通のアウトインアウトに近い人がいるんですね。言ってることと違うな~と思ってよく見ていたらあることに気づきました。

他のクルマとコーナーから立ち上がってくる角度が違うんです。
何故そうなるのか?というお話は、次回以降のテーマで。


で、ラインの話ですが・・・

ライン取りが重要である理由は、もちろんタイムを短縮するためですね。タイムを短縮するために必要なことはなんでしょう?

・直線区間の通過速度を上げる
・コーナー区間(要はステアリングを切ってる状態の区間)の通過速度を上げる、もしくは
ステアリング切ってる時間を短くする

極論すればこの2つです。ミスしない、とかは当然なので割愛しますw


何を当たり前のことを・・・と思った人いますかね?でも、当たり前すぎて意識出来ていない人って意外と多いですよ。
サーキットはストレートとコーナーの組み合わせです。単独のストレートのみならドラッグレースですし、一定Rのコーナーのみなら定常円旋回です。
ひとつひとつののコーナーを単独で考えたのでは速いラインにはなりません。


ひとつのコーナーは次のコーナーへの布石

と考えてください。

前回書いたように、とりあえずそれなりのペースで走るには立ち上がり重視のラインで考えて問題ないと思います。あなたのホームコースのひとつのコーナーをイメージしてください。
コーナーがイメージ出来ましたか?では、クリッピングポイントを奥に取った形で立ち上がりラインに向けて頭の中で車を置いてみてください。

置けましたか?では、そこへ車を通すにはそのコーナーにどうアプローチすればいいかわかると思いますのでラインが書けますね。
するとアプローチはどこから行けばいいのかが決まります。同じように、今度はひとつ前のコーナーのクリッピングに車を置きます。もちろん、さっきイメージしたアプローチ地点へ向けて
立ち上がる向きにです。

というように、一つずつ前のコーナーへ逆周りにたどればとりあえずのラインは書けます。
ただし、S字や複合コーナーの場合はアウトインインや、インインアウトといった変則的なラインのほうが速い場合もあります。その辺は自分の走るコースのレイアウトで異なってきますので自分で考えるか、そのコースで速い人のラインを参考にするしかありません。

基本的には、コーナーを抜けたあと直線がある程度ある場合には立ち上がり速度重視で、すぐに次のコーナーがあり速度が乗らない区間の場合にはなるべく最短ルートを取るほうが良いと思います。



ラインについては本やネットでも記述がたくさんあるので、それらを参考にするのも良いかと思います。

そして、「ラインはトレース出来てるのにタイムが遅い」と悩んでる人もいると思います。
これは何故でしょうか?


長い話ですので一旦切ります。

ライン取りその3PageTopライン取りについて

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/197-d28addee

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。