スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッティング

以前、某自動車漫画で

「シートの位置を変えるのも立派なセッティング」

みたいなセリフがありました。
言われてみれば確かにそうです。
僕の中でのセッティングの概念は、「自分の操縦しやすい環境を作ること」です。
もう少し細かく言えば、環境にはプロポや操縦台、当然クルマも含まれますし、操縦しやすいという言葉には自分が速いと思う操作を無理することなく行えるという意味も含まれます。

こんな言葉をよく耳にします。

「○○セットは良く走るよ」

はて?そうでしょうか?○○くんが走ったからと言って自分にあてはまるかどうかは別の話では?
速く走るということは、与えられたタイヤのグリップをどれだけうまく使えるかという事だと説明しました。そしてセッティングとは、自分のタイヤの使い方に合ったクルマにすることだと僕は思います。
つまり、走らせ方が違えばセッティングは異なるはずです。
似たような走らせ方をしたとしても、速さのイメージが違えばセットも異なります。

そして
上手い人はセットが多少外れたとしてもそれほどラップは落ちません。何故なら、自分の腕で引き出せるタイヤのグリップ力の幅が下手な人に比べて大きいからです。
セットは経験によるものが大きいと思います。たとえ超一流のエキスパートの人でも毎回完璧にセットが出ているわけではありません。でも、それを腕でカバー出来るから、常に速いんです。

自分はセットがうまく出来ないと思っている方には、取扱説明書のセットをお勧めします。大抵のメーカーでは取り説のセットは万人にそれなりに受け入れられるセットにしている場合がほとんどです。ぶっちゃけて言えばタイヤさえ決まればそれでクルマは問題ないと思います。
それで曲がらないと感じるのであれば、それは曲がらないではなく、曲げられないと言い直した方が良いと思います。
良くわからないセットにエネルギーを費やすなら、まずはきちんと走る車を作りなさいと言いたくなる人も過去にはいました。というか、僕もそうでした。
まっすぐ走る、まっすぐ加速する、まっすぐ減速する、左右均等に癖無く曲がる。アナタのクルマは本当にそうですか?
ギアから異音はしませんか?シャーシーはねじれていませんか?キャンバーは左右同じですか?サスの動きはスムーズですか?ダンパーオイルは抜けていませんか?デフはゴリゴリいってませんか?駆動系の磨耗はしていませんか?

第三者の目を持って自分のクルマを見直してみてください。

人のセットをコピーすることが悪いわけではありません。自分に無い発想でセットされていたりしてそれはそれで自分の引き出しを増やすことに役立ちます。しかし、ハッキリ言えばまったく同じセットを真似たつもりでも、まったく同じクルマにはなりません。カーボン板は同一ロットでも抜く場所によって厚みが違うなど当然ですし、ネジの締め付けトルクが違えば剛性も変化します。ダンパーの組み方でも効きは変化しますし、メカが違えばもう車の動きなんて違って当然です。

コピーして試して、自分に合っているかどうかが大事なのであって、コピーすることが大事なのではないのです。
逆に言えば、周りの人すべてがありえないと言うセットであっても、自分が走らせて一番速いのなら誰に文句を言われる筋合いもないんです。
セットよりチェック&メンテに力を入れましょう。そして高い電池を買うくらいなら愛車のシャーシーを新品にしてやるほうが有意義ですよ。


ずっと同じ取り説のセットで練習していれば、クルマの異変に気づきやすいですし、パワーの違いも判り易いですよね。毎回安定してタイムが出るようになってから、少しずつセットを変えていけばいいんです。例えば0.5ミリフロントの車高を落としてみる。これだけでも立派なセッティングです。そしてどう違うか。
あるエキスパートドライバーの言葉を引用させてもらうと

「ある箇所を変えて、走らせて違いが判らないなら、それは今の自分にとって不要なもの」

僕も同感です。0.5ミリの車高の違いが判らない人に細かい調整なんて必要ないと思いませんか?同じセットでクルマの動きを気にしながら練習していれば、そのうち絶対その違いがわかるようになります。セットはそれからで遅くありません。


こういうことを実際にやっていると、周りの人が色々教えてくれたりします。周りは悪気があるわけではないのですが、これはある意味悪魔の誘惑です(笑)。せっかく親切で言ってくれてるし、話を聞いてると近道のような気がしてくるんですよね。ええ、経験も含んでますが何か?(笑)

でも、近道はありません。というか、今書いた方法が確実な道だと思います。
走り出してすぐ速くなる人もいますが、それはラジコンの神に愛されてる人です。上手い人でもほとんどは理論的に一所懸命に練習してきたという話がほとんどです。
セットの誘惑、オプションの誘惑、パワーの誘惑を振り切って腕を磨くことに専念出来れば、上手い人になるのはそう遠くないと思います。

ある意味 毒PageTopタイヤについてその3

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/202-e1606030

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。