スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクロン組立その2

ども。

カーボン関係の処理が終わったら他のパーツの下準備をします。

cyclone_05

フロントの後ろ側のサスブロックは、ロールセンターを上げたときに
タイロッドに干渉するのでカドを削ります。

cyclone_06

ベアリングは脱脂せずにベアリングオイルをつけておきます。
寿命を考えずにスルスルの駆動系を目指すならキッチリ脱脂しましょう。

cyclone_07

ベルトはビニール袋などに入れてWD40をたっぷり吹いて一晩置いて
おきます。取り出したベルトは油分を取っておきましょう。

cyclone_08

デフリング、ボールはキレイに脱脂しておきます。写真のような絵の具
用の鉄皿が数枚あると色々重宝しますよ。

cyclone_09

デフジョイントにデフリングをつける時に、少量のデフルーブをつけて
おくとリングの落下を防ぐことができます。



cyclone_10

デフリングにデフルーブをたっぷりつけておきます。僕はアソシのステルス
デフルーブを使ってます。


cyclone_11

プーリーをのせてデフボールを入れます。僕はカワダのセラミック製を
入れています。なくさないように注意しましょう。ピンセットの先に
少量のデフルーブをつけてからボールをはさむと落としにくいです。

くれぐれも素手で触らないように!


cyclone_12

スラストワッシャーにアソシのブラックグリスをたっぷりつけてスラスト
ボールをのせていきます。出来ればここもセラミックボールを使いたい
ですね。僕はスクワット製を使ってます。


デフを組み上げたら、デフがすべるくらいの締め方で両手で回して
軽くアタリを出します。徐々に締め込みを強めては手で回してアタリを
出していきます。慌てず気長にアタリを出しましょう。
僕の場合は30分程度手で回してアタリが出たら、一度バラしてデフルーブ
とブラックグリスを清掃し、再度新しいデフルーブとブラックグリスを
つけて組みなおします。
組んだらまたしばらく手でグリグリやって、最後にある程度滑らなく
なる程度に締め込みを調整して完了です。
1回走行したら、デフの締め込みをチェックするのをお忘れなく。


今日はここまで。

サイクロン組立その3PageTop疲れた・・・。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/38-c0617d47

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。