スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャパシタのお話

ども。

この前、ストレートからレイヤードキャパシタなる商品が発売されましたね。
ストレートファンの僕としては見逃せない一品です。
しかし、写真見てぶったまげましたね。何ですかあのビジュアルは。
僕のハート鷲掴みですよ(*´д`*)ハァハァ 
S4もカッコイイけど、V8ですよV8。ホントにV型にキャパシタ
を斜め配置していたらネ申の品でしたけど、これで十分ですw

で、早速両方GETしたんですけど、実物見ると・・・・


デカい!

サイクロンは猛烈にメカ搭載スペースが小さいんで、全部シャーシ面に
並べるのは至難の業ですよ。

・・・・
・・・・・・。


小さい方のV8でも無理か・・・。耳切ってサーボをシューグーで
止めれば何とか乗るけど・・・耳切るのイヤだし。
どうせシャーシ面に載らないんだから、大きいけど効果の高いS4にするかってことで、

レイヤードキャパシタ

こんな風にサーボの上に載せました。配線がアンプとレシーバーの上を
通るんで、絶縁チューブかけてツイストしてます。これでノーコンとか
は出なかったんで大丈夫でしょ。

効果なんですけど、かなり(・∀・)イイ!! 
電池の分極反応を補うって言葉通り、低速域からの加速で力強くなりました。ただ、元々パンチのあるインテレなんかは僕個人の意見としては
効果が薄い気がしましたね。
GPとサンヨーはハッキリ違い出ましたよ。

搭載に関してですが、アンプの上には載せないようにしましょう。
アンプの上面(否ウッピ)はアンプの放熱の役割をしているタイプが
多いので、上に載せてしまうとアンプの放熱が悪くなる可能性が
あります。V8ならストレートのHPにある搭載例のように、アンプ
側面なんかが良いと思います。
S4は・・・・皆さん頑張って工夫して載せてください(笑)。

あと、ちっちゃい抵抗が付属しています。走行後電池を外しても
キャパシタに貯まったままの電気を抜くための抵抗です。
電池を外してから、+-の線に抵抗をしばらくつないで電気を抜いて
ください。そうしないと、不意に+-の線が触れたときにキャパシタ
を傷める恐れがあります。

と、書きましたがもっと簡単な方法があるんですよ。

電池をはずしたら、アンプのスイッチをONにしてください。数秒間ON
させれば電気は消費されますので、これでOKです。
電気を抜いたあとは、スイッチをOFFに戻すことを忘れないように
してくださいね。

これはレイヤードキャパシタだけじゃなくて、大きなキャパシタを
つけている場合はすべて当てはまります。キャパシタに電気が貯まって
いる状態でショートさせるとキャパシタを傷めます。なのでキチンと
電気を抜いてからクルマをいじるようにすれば、キャパシタを傷めずに
済みますので是非放電はやるようにしてくださいね。


ひとりごとPageTopマッチドショットキーフライホイールユニットのお話

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/44-ede69a5b

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。