スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンヨー3600

相変わらず充放電してます。

電圧タイプを主にやってますが、今の時点でわかることは

・電圧が高い
放電カーブはGPっぽいですね。以前のサンヨーは放電直後に
ガクッと電圧が落ちて、その後フラットな放電カーブを描いて
なだらかに落ちていきましたが、今回のはある程度初期で電圧を
保ちつつ、中盤につながります。特筆すべきは中盤の電圧の
高さですね。

・内部抵抗は従来と大差無い
1回目の放電では、従来サンヨーとあまり大差無いですね。
ただ、2回目以降の充放電で下がると言う話も聞いているので
この件は現時点では初回に限り、としておきます。

形状、重量が変わっていないことから、恐らく材料の成分を改良して
充放電の効率を上げているんではないかと思います。
サンヨーの泣き所であった過放電に弱い、熱に弱い点は今のところ
まだ何とも言えないですね。これをテストしようとすると、貴重な
セルを壊してしまうことにもなりかねないので、もう少し放電データ
を採ってから試してみます。

充電ですが、僕はレコブレ、フロントライン2を使用していますが
レコブレなら3ステージで
1st3500-5Aリニア 2nd3520-0.2Aリニア 3rd5000-4Aリニア
ピーク24mV 温度カット52度

フロントライン2なら
1st3500-5Aリニア 2nd OFF インターバル5:00 3rd5000-4Aリニア
ピーク24mV 温度カット52度

ぐらいで良いかと思います。現時点では仕上がり温度はやや低めに
なっています。内部抵抗が若干高いので、走行中に電池温度が
上がりやすいと思われますので、GP系よりやや低めに仕上げるのが
ベターだと思いますね。

日曜はPageTop無題

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://factoryh.blog27.fc2.com/tb.php/8-7b0bde13

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。