スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ども。

ようやく発表されましたね~。ストレートのダイレクトドライバー。

話を聞いてからずっと期待してたんで出るのが楽しみですな。
機能も定回転モードなるものがあるんで、モーターの評価に効果ありそうです。
耐久性、測定精度は今までの商品から考えても文句無いレベルでしょうし。実は僕は以前にストレートさんの会社におじゃまして色々お話を聞いたことがあります。僕もモノづくりに携わっていた人間ですので話せばわかります。ココの皆さんは自分の製品に、仕事にプライドとこだわりを持って取り組んでいます。

そんなこだわりの集団が作ったダイレクトドライバー。購入したら色々試しまくってやろうと今から妄想膨らませてますw



岡山レポ③

さて、モーターも決まったところでそのモーターを紹介します。


アレックス FLATOUT VSシリーズです。詳細はARDのHP見てください。
昨年までの23Tモーターはもう限界と言えるところまで出力を上げていました。ここからさらに性能を上げるなら、根本的な何かを変える必要があるだろうと思っていました。
ヨコモはブラシのサイズを変えて、エンドベル構造を変えることで性能向上を狙っていますが、アレックスはブラシの材質を変えて性能アップを狙っています。
まぁ、値段は暴力的なんですがねwブラシが高価なんで仕方ないですね。

新型エンドベル系は、まだまだデータが少ないのでココ一番の信頼性がまだ無いですから、従来のノウハウが使えてブラシの効率アップで上乗せ分が見込めるこのモーターに目をつけていたわけです。


モーターの使い方はまた機会があれば紹介するとして、今回の岡山遠征ではまさに狙い通りの性能を発揮してくれました。特に特筆すべきは後半の熱ダレの少なさですね。通電性が向上しているのでスパークが少なく、発熱が抑えられていますし、発熱したときの効率低下も少ないです。
唯一にして最大の難点は値段ですかね。この値段じゃ気軽に買えませんw僕も一個しか買ってませんし。



レポに戻ります。


そんな感じでモーターの仕様も決まり、日曜のレースを迎えます。

予選1回目
序盤のペースがあがりません(ドライバーに蜂付着ww)が、蜂が消えてからはまずまずのペースです。後半までタレもありません。モーター温度もまったく問題ないレベルでした。

予選2回目
1回目の結果でまだまだ余裕があったので、もう少しパワーを出す仕様にします。今度は序盤からイイ感じで周回を重ね、無事にAメインに残ることが出来ました。

決勝
決勝前から少し曇ってきました。雲が途切れないので気温、路面温度共に下がると読んでさらに出力を上げます。ギア比を少し下げて回転を上げた仕様にします。
決勝は序盤の混乱をうまく抜けて3台で3位争いをしますが、3位には一歩届かず4位でフィニッシュ。


予選決勝を通して、8分でのタレはまったく出ませんでした。これならもっとパワーを上げてもいけたかな?って感じでちょっと悔しいですね。温度が高いのでヤリ過ぎは即熱ダレ、ブローにつながるのでビビりすぎました。もっと詰めていけば、もっと良い結果が出たかもしれませんね。
やはり、上手い人間がレースで走るのがデータ採るには一番ですね。



岡山レポ②

さて、とりあえずの方向性を探るためにまずはいくつかモーターを作ります。
A)従来の進角固定スタンドアップトルク型
B)レイダウントルク型
C)今回一番テストしたかったタイプ

最後のはまだ秘密ですw

まずはAのモーター。気温が高いのでやや出力を落とした仕様にします。
7A28000rpmで、効率重視のセットです。
コースもストレートは長いんですが、インフィールドで結構減速するポイントが多いので、加速重視のギア比の方が良い結果が得られやすいと思い、若干大きめの5.5:1からスタートです。
外周の高速セクションのタイムを計りつつ、8分でのタイム落ちを見ます。
7分過ぎてもほとんどタイム落ちは見られませんが、加速はやや鈍ってるようにも見えます。走行後のモーター温度は80度。まずまずですね。
僕の経験上、走行終了後に80度程度なら体感でもさほど熱ダレは感じないと思います。路面温度は恐らく50度以上あると思われる中での8分走行ですから、80度なら十分OKな結果です。
走行後コミュの焼けをチェックしますが、こちらもOKです。

これも個人的意見ですが、焼けに関しては赤<赤黒<金の順にヤバくなります。ブラシの触れていない部分が金色に輝いているのは相当危険な状態だと思います。ブラシもかなり焼けているでしょう。


次にCのモーター。こちらも7A28000rpm程度に調整し、走行します。
区間タイムはほぼ同じですが、加速は良いように見えます。走行後の温度も80度でしたし、ドライバーの感想でも、パワーがあるとのこと。

それからBのモーター。9A30000rpmで他の2つに比べて出力が大きいのですが、逆に言えばレイダウンをコレ以下に調整するくらいならスタンドアップを使います。
結果はやはりパワーはあるのですが伸びがイマイチで、後半熱ダレを起こしてしまいます。走行後温度も80度を大きく越えます。
もちろん、ここからギア比やその他を詰めていけばもっと良い結果が得られるかも知れませんが、時間が足りません。なので、Cのモーターを詰めていく方向で決定します。



続く

岡山レポ①

ども。

いや~、久々のアウトドアコースはとんでもなくオーバーサマーでしたわ。
日焼けが痛いっすw


さて、07年仕様のモーターも色々出ていますがレイダウンに関しては
前年とほぼ同仕様なのでイイとして、スタンドアップは進角フリーに
なったり、ブラシ形状の異なる新型エンドベルタイプが新たに出てきて
います。で、個人的に今年の主力モーターを何にするか?ということで
色々試していたんですが、イマイチ決めかねていました。
そこへなおじゅんの英田サーキットでのNASAカップ参戦の話を聞いた
ので、自分の考えが正しいかどうかを確かめる実験台wとして、
なおじゅんに白羽の矢を立てたわけですw。



土曜日

なおじゅんと二人で英田サーキット入りしてピット設営をすませ、早速
モーターを作ります。
現地は快晴で、気温、路面温度共に相当高そうです。
予選、決勝ともに8分ですので作るモーターはひとつで済むのは助かるんですがねぇ~。






続く

岡山

ども。毎日オーバーサマー(某ブログより無断借用w)な日々が続きますな~。


明日からエロ男と岡山行ってきます。
久しく遠征してなかったのと、ちょっとマジなモーターいじりやりたかったんで、エロ男が遠征行くのに便乗してきますわ。
このクソ暑い中、アウトドアの高速コースらしいので、今からどんな仕様で行くか脳内チューンばっかりやってますw


あ、もちろん走りませんよ。モーターいじるだけですw


<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

F-H

Author:F-H

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。